副業を始めるならネットビジネスがおすすめ

ここ最近、ネットで稼いでいる人がYouTubeを使って発信していますよね。
有名な人では
・マナブさん
・イケハヤさん

ネットビジネスで一旗揚げた人が、YouTubeを使って知識・経験を発信しています。そこでよく言われいることは、「自分のビジネスを持とう」「自分の商品を持とう」です。今回は、いま人気のネットビジネスについてお伝えします。

これからの副業(ネットビジネス)が重要
働き方改革の一環で2020年4月から施行される同一労働同一賃金により働く環境が大きく変わるともいわれいます。経済連の会長・トヨタの社長も終身雇用はむずかしいと発言しているなかで、自分の身は自分で守ろう考えている人たちが、目をつけているのが副業のネットビジネスです。

ネットビジネスの良いところ
・少ない元手ではじめられる
・在宅で隙間時間で作業できる

楽して稼げる?ネットビジネスは怪しいのでは
ネットビジネスと聞いて怪しいのでは?と思うたかも多いと思います。
Twitter上ではフォローをしたひとから、急にDMが届いて楽に稼げる商材などを進められたりします。
「商材ビジネス」を利用したマルチ商法です。これはネットだけではなくリアルでも行われています。
ネットに限ったことではありません。ネットで多く感じるのは顔が見えないので声をかけやすいからです。

ネットビジネスは甘くない
ネットビジネスは、ビジネスの現場をネットに移しただけなので楽ではありません。
簡単に稼げるという言葉は適してはいませんが、時間と場所に制限されないという面では楽にはなります。
ただし、稼ぐという面では一般ビジネスと同じです。そのためイメージとのギャップを感じて挫折するかたも多いです。

ネットビジネスに向いてひと
・行動力のあるひと
・継続的に努力ができるひと
・自己投資ができるひと
・改善・工夫がすきなひと
・目標を決めて達成するのがすきなひと

ネットビジネスにが向いている人へのお勧めビジネスはこれです。
自分でPDCAを回せる人には自分のビジネスを作っていくビジネスが向いています
・商品開発・ノウハウビジネス 
・アフィリエイトの広告ビジネス
・転売ビジネス

ネットビジネスに向いていないひと
・考えがあまいひと
・他人に依存してしますひと
・楽を優先してしまうひと
・投資の意識がないひと
・自分を正当化するひと

ネットビジネスに向いていない人へのお勧めビジネスはこれです。
イメージと違うと思ったひとでも、いままでやった作業をネット上で出来るサービスもあります。
・クラウドソーシング

副業の時代、副業といっても仕事です。
楽して稼ぐのは難しいですが、働く環境を快適にすることはネットビジネスならできます。
より働きやすい環境を作ってお金を稼ぎながら、事項投資するつもりでいろいろ体験してみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。